不整脈 原因 20代

20代でも起こる不整脈の原因とは

スポンサーリンク

心臓の筋肉は微弱の電流が流れることにより一定のペースで動いています。
身体の活動により脈は速くなったり遅くなったりしています。
突如このリズムが乱れることを不整脈と言います。
脈が1分間に100回を超えると頻脈、50回を下回ると徐脈と言われ、頻脈になると動機や息切れ、時には失神を起こします。
徐脈は目まいやふらつき、全身の倦怠感などがあります。
このほかに脈が飛ぶ期外収縮と呼ばれる不整脈があります。
自覚症状はあまり感じませんが、胸の周辺に不快感があったり胸が痛くなったりすることがあります。
これらの原因は様々で、心臓機能の疾患に起因するものが多く、肺や甲状腺に異常がある場合も起こりやすくなります。
また病気とは関係なく、加齢やストレス、疲労や睡眠不足などが原因で起こる事もあります。

スポンサーリンク

健康な人でも一時のストレスや疲労、睡眠不足と言ったことが原因で不整脈になることがあります。
不整脈と言うと、中高年以上の年代の症状と思われがちですが、実は20代やもっと若い年代でもなることがあります。
特に遊びや仕事に打ち込む体力や気力が充実している20代では体に負担をかけることが多く、それでも生活が成り立ってしまうのでつい無茶をしてしまいがちです。
そんな時、脈がやけに速かったり胸に不快感を覚えても、睡眠不足や疲労が解消されれば治るものが多く、あまり心配することはありません。
しかし、不摂生な生活を長く続けていたり、失神や突然の動機、息切れなど明らかな異常を伴う不整脈は20代といえども重大な病気の場合がありますので、医療機関を受診することが必要です。
またストレスが原因で起こる不整脈は普段の生活で予防することも可能なので自分の生活を見なおしてみることも大事です。

スポンサーリンク