不整脈 原因 50代

50代の不整脈の原因とは

スポンサーリンク

50代の不整脈にはどのような原因があるのでしょうか。
心臓は微細な電気信号によって、全身に血液を送り出しています。
この電気信号のリズムがが乱れると、心臓のリズムも乱れます。
電気信号は脳から送られてくるのですが、ちょっとした身体の疲れやストレスでも乱れることがあります。
50代は、家庭や会社などでの社会的責任や役割が重くなる年代なので、疲れやストレスが当たり前のようになっている人が数多くいます。
ですので、不整脈も増える傾向があるのです。
さらに仕事や家事に追われて、運動不足になりがちなのも原因にあげられます。
不規則な食事や塩分の多い食事も血圧に影響を与えますので注意が必要です。
睡眠不足も心臓にはよくありません。

スポンサーリンク

50代の不整脈の原因としては、血液のよどみもあげられます。
野菜や果物が不足し、脂質や高タンパクな食事が日常化すると、粘りのある血液になってしまいます。
血液に粘りがあると、血管をスムーズに移動できないので、その分心臓に負担がかかります。
心臓が強い拍動で押し出さなければ、血流が滞ってしまうからです。
このような場合は、食事や生活習慣の改善で心臓への負担を減らすことが可能です。
また、心筋の力が衰えても不整脈が起こります。
心筋も筋肉なので、規則正しく動くためには適度なたんぱく質を含むバランスのよい食事が重要です。
このように50代の不整脈には、原因によって改善できることがたくさんあります。
生活をみつめなおすことが大切です。

スポンサーリンク