不整脈 症状

不整脈症状記事一覧

不整脈は、遅くなったり速くなったり飛んだりと、脈が不規則に打っている状態の病気です。成人の場合、正常な脈拍数は1分間に60から100回、規則正しい一定間隔のリズムを刻んでいると言います。不整脈の主な症状としては、通常よりも脈が速くなる頻脈、通常よりも脈が遅くなる徐脈、脈が飛んだり不規則に打つ期外収縮の3種類が挙げられます。頻脈の場合、動悸が治まらずに激しくなる・吐き気やめまいなどを伴う・意識を失う...

不整脈とは、心臓が血液を送り出す時のリズムが乱れている状態です。本来心臓は規則正しいリズムで全身に血液を送り出しているので、脈の乱れには何らかの原因があります。ただ、不整脈は健康な人にも起こるものなので、必ずしも心臓の病気とは限りません。疲れやストレスでも起こりますし、心配のし過ぎも脈の乱れにつながります。普段のから自分の脈拍数を測定して把握しておくとよいでしょう。注意が必要な脈の乱れは、身体がつ...

心電図の波形パターンは「基線」と呼ばれる単位で判断します。正常な心臓の鼓動が示すパターンは、まずP波という心房興奮を示す、陽性方向へのわずかな波の後に、Q波、R波、S波という心室興奮を示す一連のパターンが表われ、最後にT波という、心室興奮の消退を示す緩やかな陽性方向への上昇が見られるというものです。不整脈を心電図で検査する場合、この通常のパターンを覚えることが必須となりますが、それと同じくらい重要...

普段、生活していて急に動悸やめまいを感じたら、驚かれる方がほとんどです。ご自分で不整脈かもしれない、と考えた方もいらっしゃるかもしれません。ただ、不整脈と言っても、心配のないものから、放置しておくと危ないものまで様々のようです。不整脈の症状は、その種類によって異なりますが、大きく分けると脈が早くなる頻脈と、脈が遅くなる徐脈に分けられます。そして、頻脈になる原因ですが、心室が細かく震える心室細動と、...

不整脈とは一定に行われている心臓の拍動が、何らかの原因により拍動に乱れが生じる病気です。人間の心臓は、一分間あたり平均約70回拍動します。この平均値を基準に症状は分類されます。一分間あたりの心拍数が50回以下に下回る症状を見せるものは徐脈性不整脈と言います。血流量が減少するために貧血を起こしやすくなり、息切れやめまい、ふらつきなどの症状が起こります。ふらつきが起こったときに気をつけることは、外出時...

不整脈には、多くの種類が存在します。その中のひとつに挙げられるのが「二段脈」です。二段脈とは、正常な波形の中に乱れの波形が突然起こり、脈が2拍連続で乱れる状態のことであり、脈が正常な状態と乱れている状態とが交互且つ規則的に起こるものを言います。不整脈は、種類によって危険性が高いものから低いものまで存在します。二段脈とは危険度がそこまで高くないと言われている不整脈のひとつではあるものの、脈の連続した...

不整脈とは心臓のポンプ機能に異常が出ている状態です。心臓は体中に酸素や栄養素を送っているので、このポンプ機能に異常が出ると体にはさまざまな影響が出ます。主な症状はドキドキする、胸が苦しく感じる、脈が飛ぶ感じがするなどです。緊張したときなどには血流が乱れ、心臓のポンプ機能にも異常が出るので誰でもドキドキしたり動悸を感じることがあります。これは一時的なものなので緊張状態から解放されれば症状も治まります...

いつ起きるか分からない不整脈は注意していかなければいけないです。そもそも、不整脈が起きる原因となっているのは心臓で何かしら異常を起こしている時に発症するため、理由は様々あります。不整脈の中には危険ではない不整脈と危険な不整脈があります。危険な不整脈とはどんな症状があると危ないなのかというと、”何もしてないのに目眩や立ちくらみ”が出たり、”急に意識がなくなり失神”したり、”脈拍が1分間に40回以下”...

不整脈とは字のごとく脈が不整なことで脈が飛ぶや心臓がドキドキするなどと表されます。その中にも種類があり、すぐに治療を要するものから経過観察でよいものまで様々です。メジャーなものに期外収縮があります。期外収縮とは本来心臓の筋肉を動かす指令を出す洞結節以外のところから発生する興奮のことを言います。心房から発生する心房期外収縮は健常者にも見られる期外収縮で特に気にする必要はありません。一方、心室から興奮...

不整脈は様々な理由から起こり、誰にでも発症します。そして、高血圧の方も注意していく必要があります。不整脈には危険な症状もあり、主に何もしてない状況でありながら目眩・立ちくらみ、動悸、冷やせ、脳貧血、吐き気等の症状があり、場合によっては失神や痙攣を起こしたりする事もあります。ちなみに脈と心臓は深く関係しているため血圧との繋がりもあります。その事から高血圧の人も不整脈を起こすリスクがかなりあるという事...

健康診断などで心電図を取ると、不整脈が起こる場合があります。心臓に何か問題でもあるのかと心配になるでしょうが、30代以降の方にはよくあることです。不整脈の一種でもある良性の期外収縮の場合がほとんどですから、あまり心配する必要はありません。健康診断などで引っかかった場合には、再検査をするようにという指示があるでしょうから、循環器科などを受診して詳しい心電図の検査などをしてもらうと良いでしょう。心臓は...

不整脈と診断された方の中には咳が出る事を気にされる方が多く見られます。確かに不整脈が原因で咳が出る事もありますが、基本的に咳はそれほど気にする症状ではないと言えます。健康な方でも日常生活の中で咳をする場面は多く見られます。何となく咳払いをしたり、臭い匂いを嗅いだ時などに咳き込む事はよくあります。咳は一種の生理現象で、体内に入った異物を吐き出そうとする運動になります。その為、体中に血液を回すため一時...

心室性不整脈とは、心臓の心室内で起こる異常による不整脈のことです。心臓は大きく、上部分の心房と、下部分の心室に分かれていて、洞結節と呼ばれる部分からの電気信号によってポンプのように心臓が動き、血液を全身に送り出しています。不整脈は、その洞結節とは別の場所から電気が流れることで、本来とは異なる筋肉の収縮が起こることを指します。基本的に、自覚症状として感じる不整脈について、それが心室性不整脈なのか、上...

脈拍が早いという症状に不安感を抱いたことがある人は多いのではないでしょうか。不整脈には様々な種類がありますが、脈拍が早いという頻脈の症状もその一つです。私たちの脈拍の正常値は毎分60〜100回とされており、100回を超えると頻脈となります。頻脈が起こる主な原因としては、心臓疾患、甲状腺疾患、貧血、ストレスや緊張、高血圧などがあります。頻脈が心臓疾患や甲状腺疾患などの大きな病気のシグナルとなることも...

脈が弱いと一口に言っても、さまざまな症状があります。低血圧の人は、脈が弱くなりがちです。また、体質的に虚弱体質で、疲れやすかったり冷えやすいということが一般的に言われますが、どこの血管で脈を確認したのかで、原因が変わります。腕の脈が弱い場合は、腕の血管の病気である閉そく性動脈硬化症が疑われます。これは、50代以上の男性に多い病気で、手や足の血管が動脈硬化をおこし、脈が弱くなります。そのほかにも、交...

脈圧が小さい場合は低血圧症である可能性があります。一般的に収縮期血圧が100mmHg未満の場合を低血圧症といいます。低血圧症になると立ちくらみやめまい、失神、全身倦怠感などの症状が現れることがありますが、人によっては全く症状が現れないこともあります。低血圧症は循環血液量の減少や心拍出量の低下、末梢血管の抵抗、血液の粘稠度の減少などが主な原因とされています。低血圧症には原因疾患が明らかな症候性低血圧...

成人の心拍数は通常1分間に60回から80回程度ですが、拍動が遅くなり1分間の心拍が50回未満になると、徐脈性不整脈と判断されます。脈が弱くなったり脈が飛ぶのは、自律神経のバランスが崩れたことによる一時的なものと、一日中脈が飛ぶような、病気によるものがあります。まず、一時的な不整脈の対処法としては、規則正しい生活があげられます。過度のストレスや睡眠不足、喫煙、飲酒などが原因で起こります。一時的なもの...