不整脈 原因

不整脈原因記事一覧

40代から気をつけたい病気の1つとして不整脈と言うものがあります。不整脈とは、脈の打ち方の異常です。症状あるいは自覚としては、脈が早い、脈が遅い、飛ぶまたは不規則であるといった症状があります。原因としては、年齢に伴うものや、体質的なものが圧倒的に多いです。歳をとるにつれ、誰でも不整脈が増えてきます。ストレスや睡眠不足、疲労でも起こりやすくなります。放っておいても良いものが大半ではありますが、本当に...

不整脈は、心臓に負担がかかったり血圧が上がることで、脈が早くなったり遅くなったり途切れたりする状況の総称です。原因は、ストレス、疲労、疾患によるもの、加齢など様々なものがあります。高齢者は加齢により身体の機能が低下しているため不整脈が起こりやすくなっています。さらに、高齢になると他の疾患が原因であることも考えられるため、症状を感じたら放っておくのは危険です。動悸、息切れ、めまいやふらつきといった症...

50代の不整脈にはどのような原因があるのでしょうか。心臓は微細な電気信号によって、全身に血液を送り出しています。この電気信号のリズムがが乱れると、心臓のリズムも乱れます。電気信号は脳から送られてくるのですが、ちょっとした身体の疲れやストレスでも乱れることがあります。50代は、家庭や会社などでの社会的責任や役割が重くなる年代なので、疲れやストレスが当たり前のようになっている人が数多くいます。ですので...

脈拍が速いという不整脈や息苦しいなどの症状に見舞われたことがある人は多いのではないでしょうか。脈拍は、心臓の拍動に連動して一定のリズムを刻んでいます。毎分60〜100回程度が正常値とされておりそれを超えると頻脈、つまり不整脈となります。その不整脈に加えて、息苦しい、動悸がする、めまいがする、吐き気がある、頭が痛い、食欲がない、体がだるいなどの症状がれば貧血である可能性が高く、きちんとした対処が必要...

不整脈とは、脈が不規則にうつ状態をいい、通常より早いものを頻脈、遅いものを徐脈、脈が飛んだり不規則になるのを期外収縮といいます。不整脈には病気によるものと、生理的な要因によるものがあります。運動をしたり、緊張すると脈が早くなるのは頻脈であるとも言えますが、自然な体の生理現象であるため治療の必要はありません。脈が飛んだりする期外収縮は、30代をすぎるとほぼ全員に認められるようになり、加齢とともに増加...

いつ起きるから分からない不整脈はとてもやっかいな病気でもあります。なぜ起きるのかというと、簡単に説明すると心臓また血管で異常が発生しているからであります。不整脈には危険ではない場合と危険であり病院を受診する事が必要とされている場合の2種類があります。危険な不整脈についての症状としては、体を少し動かしただけで息切れや動悸、目眩等が起きたり、何もしてない状態で突然動悸が始まり、目眩・立ちくらみ・息切れ...

心臓の筋肉は微弱の電流が流れることにより一定のペースで動いています。身体の活動により脈は速くなったり遅くなったりしています。突如このリズムが乱れることを不整脈と言います。脈が1分間に100回を超えると頻脈、50回を下回ると徐脈と言われ、頻脈になると動機や息切れ、時には失神を起こします。徐脈は目まいやふらつき、全身の倦怠感などがあります。このほかに脈が飛ぶ期外収縮と呼ばれる不整脈があります。自覚症状...