不整脈治療食事

不整脈治療に用いられる治療方法と不整脈治療食事について

スポンサーリンク

脈が遅くなったり速くなったり、不規則になる症状が不整脈です。
脈が遅くなる状態(1分間に脈が50以下)を徐脈、脈が速くなる状態(1分間に脈が100以上)を頻脈と言います。
何かしらの病気が影響して発症するケースと、運動や精神的興奮などといった比較的誰にでも現れる生理的なものがあります。
不整脈治療には、個々の症状などに合わせて、いくつかの方法が採用されています。
一般的に広く行なわれている不整脈治療の方法としては、徐脈の場合にペースメーカー治療、頻脈の場合には投薬治療・高周波カテーテルアブレーション治療・植え込み型徐細動器(ICD)治療・心再同期治療機能付き植え込み型徐細動器(CRT-D)治療が挙げられます。
頻脈の場合、投薬から治療を開始する傾向が多くみられますが、致死性があるケースではその他の植え込み型徐細動器(ICD)治療なども同時に行なうこともあると言われています。

スポンサーリンク

不整脈の予防や治療にも効果的且つ期待出来るとして、食事に対する注目度も上昇しています。
その理由としては、生活習慣が誘発している不整脈も多い傾向にあり、その場合は生活習慣を見直すことによって、予防や改善・解消へ繋がるためです。
不整脈治療食事の面では、悪影響とされる食品を極力控えることが前提となります。
不整脈への悪影響が考えられる食品には、動物性脂肪・砂糖・菓子類・果物・塩分・酒類などが挙げられます。
しかし、動物性脂肪はその成分を分解する野菜とともに摂取したり、砂糖なら黒砂糖を選ぶことで悪影響のリスクが減る傾向にあります。
また、不整脈治療食事については、塩分の摂取量が多くなりがちな傾向にある外食も控えた方が良いと注意が促されています。

スポンサーリンク