不整脈 ふらつき

ふらつきが起こる不整脈について

スポンサーリンク

不整脈とは一定に行われている心臓の拍動が、何らかの原因により拍動に乱れが生じる病気です。
人間の心臓は、一分間あたり平均約70回拍動します。
この平均値を基準に症状は分類されます。
一分間あたりの心拍数が50回以下に下回る症状を見せるものは徐脈性不整脈と言います。
血流量が減少するために貧血を起こしやすくなり、息切れやめまい、ふらつきなどの症状が起こります。
ふらつきが起こったときに気をつけることは、外出時に交通事故に遭ったりする事があるので注意が必要です。
明らかな理由がなく徐脈が生じた場合やふらつきや失神の症状がある場合は、刺激伝導系に異常があるためペースメーカー植え込みの適応となる事もあります。
また、薬剤による心不全の場合は薬剤の中止によって機能が回復するのでペースメーカー植え込みは不要です。

スポンサーリンク

不整脈の原因として最も多いのは年齢に伴うものや、体質的なものです。
一般的に若年層よりも高齢層に患者が多いです。
ストレスや疲労、睡眠不足、飲酒や喫煙によって発症することもあります。
また、高血圧や肺疾患、甲状腺異常がある人も起こりやすい傾向があります。
予防としては、ストレスや疲労をためない事や睡眠を十分にとる、など健康管理が大切です。
他にも、暴飲暴食や運動不足、喫煙に気をつける必要があります。
食事では、緑黄色野菜や乳製品などに含まれるビタミンAを摂取すると良いです。
ビタミンAには自律神経の乱れを改善する効果があります。
自律神経の乱れが整えば、不整脈が改善される可能性も高くなります。
不整脈にならないように心掛けることは、生活を送る上で大切なことばかりです。
健康な身体で生活を送る事ができるように日々心掛けると良いです。

スポンサーリンク