不整脈 薬 市販

貧血による不整脈は市販薬や食生活の見直しで改善できる

スポンサーリンク

不整脈には様々なものがありますが、脈が速くなるという頻脈もそれにあたります。
頻脈は、運動をした後、不安や緊張や興奮や怒りなどの精神が高ぶったとき、貧血のときなどに起こるものなので、経験したことがあるという人も多いのではないでしょうか。
脈拍数は1分間に60〜100回が正常値とされており、それを超えると頻脈、つまり不整脈となります。
貧血の症状として不整脈があらわれた場合は、めまいやふらつき、動悸や息切れ、頭痛や吐き気、食欲不振や倦怠感などの症状も同時にあらわれます。
貧血は、ヘモグロビンが減り酸欠になることが原因で起こります。
ヘモグロビンとは、酸素を運搬する機能がある血中の赤血球の血色素のことです。
ですので、貧血による不整脈を改善させるためにはヘモグロビンを増やす必要があります。

スポンサーリンク

ヘモグロビンを増やす方法としては、病院での投薬、市販薬での対処、食生活を見直すというものがあります。
病院での投薬は、注射や点滴や内服薬により鉄剤を投与して造血につなげます。
うまく造血につながらないケースもあり、その場合は輸血を行います。
市販薬での対処は、鉄分やビタミンが配合されているものを飲み続けて回復を待ちます。
ドラッグストアなどで手軽に購入することができるので取り入れてみましょう。
そして、貧血は食生活の乱れにより栄養が偏ることが原因となることが多いので、様々な食材を食事に取り入れてビタミンやミネラルやタンパク質をきちんと摂取すること、ヘモグロビンを増やす効果がある鉄分や葉酸やビタミンCやビタミンB12を含む食材を積極的に摂取すること、1日3食規則正しく食事を摂取することを心がけましょう。
貧血が改善されれば不整脈などの症状も自然と解消されます。

スポンサーリンク