不整脈 症状 チェック

チェックできる不整脈の症状

スポンサーリンク

普段、生活していて急に動悸やめまいを感じたら、驚かれる方がほとんどです。
ご自分で不整脈かもしれない、と考えた方もいらっしゃるかもしれません。
ただ、不整脈と言っても、心配のないものから、放置しておくと危ないものまで様々のようです。
不整脈の症状は、その種類によって異なりますが、大きく分けると脈が早くなる頻脈と、脈が遅くなる徐脈に分けられます。
そして、頻脈になる原因ですが、心室が細かく震える心室細動と、脈打ちが大変早くなり、心室細動に移行する可能性が高いという心室頻拍があります。
また、脳寒栓の原因になる心房細動もあります。
一方、徐脈では、脈が異常に遅くなり、息が切れたり疲労感を感じやすくなるという症状が出ます。

スポンサーリンク

これを読むと思い当たる方もいらっしゃって、もしかしたら心配になるかもしれません。
その中でも、症状で当てはまるのかを確かめたい場合は、不整脈のセルフチェックシートやチェックポイントのようなものが、ネットで出ていますので試してみても良いかもしれません。
ただ、チェックシートは、確定的ではありませんので、安心して、そのままにしない方が良さそうです。
気になる症状で不安な方は、病院を受診して、必要な検査などを受ける事をおすすめします。
また、不整脈は高齢者や高血圧の方、肥満ぎみの方は起こりやすい可能性が高くなるようです。
普段気をつける事としては、アルコールやタバコ、過労やストレスや睡眠不足などですので、生活習慣に注意してみて下さい。

スポンサーリンク