脈拍 早い 原因 対処

脈拍が早いという頻脈の症状の原因と対処

スポンサーリンク

脈拍が早いという症状に不安感を抱いたことがある人は多いのではないでしょうか。
不整脈には様々な種類がありますが、脈拍が早いという頻脈の症状もその一つです。
私たちの脈拍の正常値は毎分60〜100回とされており、100回を超えると頻脈となります。
頻脈が起こる主な原因としては、心臓疾患、甲状腺疾患、貧血、ストレスや緊張、高血圧などがあります。
頻脈が心臓疾患や甲状腺疾患などの大きな病気のシグナルとなることもありますので病院で検査をするということも重要になります。
早期発見と早期治療がカギとなりますのできちんと対処しましょう。
そして、貧血やストレスや高血圧は日頃の食生活や生活習慣を改善させることで症状が治まることもありますので、健康的な生活を心がけるということも大切です。

スポンサーリンク

日頃の生活において頻脈を改善させるための具体的な対処法としては、栄養バランスの良い食事をとる、適度な運動を習慣づける、しっかりと睡眠をとるということが基本となります。
その中でもとくに注意しなければならないのが食事です。
貧血が原因の場合は、鉄分やビタミンCやビタミンB12や葉酸を積極的に摂取することが大切です。
高血圧が原因の場合は、塩分を控えることと塩分摂取によりナトリウム過多になることを防ぐ効果があるカリウムを積極的に摂取することを心がけましょう。
ストレスを感じると体はビタミンやミネラルを消費しやすくなりますので、野菜や果物をたくさん食べてビタミンやミネラルを補給するということも意識しましょう。
ストレスは自律神経の乱れが原因となりますので、睡眠時間をたっぷりととって精神的な状態を正常に保ちましょう。
緊張や怒りや興奮などにより血圧が上昇して頻脈につながってしまうこともありますので、リラックス状態をつくり気持ちを穏やかに保つことも大切です。

スポンサーリンク