不整脈 症状 息苦しい

不整脈や息苦しいなどの症状の原因や対処法について

スポンサーリンク

脈拍が速いという不整脈や息苦しいなどの症状に見舞われたことがある人は多いのではないでしょうか。
脈拍は、心臓の拍動に連動して一定のリズムを刻んでいます。
毎分60〜100回程度が正常値とされておりそれを超えると頻脈、つまり不整脈となります。
その不整脈に加えて、息苦しい、動悸がする、めまいがする、吐き気がある、頭が痛い、食欲がない、体がだるいなどの症状がれば貧血である可能性が高く、きちんとした対処が必要になります。
貧血により不整脈があらわれたり息苦しいなどの症状が出るメカニズムとしては、血中の赤血球の血色素であるヘモグロビンが減り体が酸欠の状態になるというものです。
ヘモグロビンには酸素を運ぶ働きがあるため、減ることでこのような症状が出てしまうのです。

スポンサーリンク

対処法としては、病院できちんと検査を受けた上で貧血の症状を改善させるための治療を受けることが大切です。
まずは、きちんと検査をして貧血が起こった原因を特定するということが重要になります。
病院での貧血の治療は、点滴や注射や内服薬での鉄剤の投与や輸血を用います。
これらの治療によりヘモグロビンが増えて貧血が改善されれば、不整脈や息苦しさなどもなくなり元気になります。
そして、病院での治療後は再発の予防に努める必要があります。
貧血は偏った食生活などが続くことで栄養が不足してしまうことが原因となることが多いので、栄養バランスのとれた質の良い食生活を送ることを意識しましょう。
貧血予防に効果的な栄養素は、鉄分、ビタミンB12、ビタミンC、葉酸などです。
これらの栄養素を積極的に摂取して貧血に負けない健康な体をつくっていきましょう。

スポンサーリンク