期外収縮 不整脈 運動

良性の不整脈の期外収縮と運動について

スポンサーリンク

健康診断などで心電図を取ると、不整脈が起こる場合があります。
心臓に何か問題でもあるのかと心配になるでしょうが、30代以降の方にはよくあることです。
不整脈の一種でもある良性の期外収縮の場合がほとんどですから、あまり心配する必要はありません。
健康診断などで引っかかった場合には、再検査をするようにという指示があるでしょうから、循環器科などを受診して詳しい心電図の検査などをしてもらうと良いでしょう。
心臓は一定の電気信号を受けて、正確なリズムで脈拍を打っています。
これが何らかの原因で違う電気信号を受け取ってしまって、脈が打たれてしまうのが期外収縮です。
全く何も症状を感じない方がほとんどで、30代になると半数以上の方に期外収縮が起こっています。

スポンサーリンク

毎日の生活習慣に影響される部分があり、食事や睡眠、ストレスによって起こりやすくなります。
自律神経と心臓の脈拍というのは密接な関係がありますから、自律神経の乱れによって期外収縮が起こる場合もあります。
また、運動不足はあらゆる病気や症状の原因にもなり、不整脈などを起こしやすくなってしまいます。
体の各器官を正常に動かすためにも、適度な運動を取り入れて行っていきましょう。
体に負荷がかかならない有酸素運動は足腰を鍛えるのにも良いですし、心肺機能を健康にするのに役立ちます。
また、自律神経のバランスを取る作用もありますから、軽いウォーキングなどから始めてみましょう。
期外収縮が良くなったり起こらなくなる場合もあります。

スポンサーリンク