期外収縮 不整脈 原因

不整脈の原因の一つである期外収縮

スポンサーリンク

いつ起きるから分からない不整脈はとてもやっかいな病気でもあります。
なぜ起きるのかというと、簡単に説明すると心臓また血管で異常が発生しているからであります。
不整脈には危険ではない場合と危険であり病院を受診する事が必要とされている場合の2種類があります。
危険な不整脈についての症状としては、体を少し動かしただけで息切れや動悸、目眩等が起きたり、何もしてない状態で突然動悸が始まり、目眩・立ちくらみ・息切れ、場合によっては失神また痙攣等を起こしてしまったり、急激に脈拍が速くなったり遅くなったりする場合もあります。
上記で紹介した危険な症状は一部でありますが、もしこういった状態が頻繁的に続くようであれば病院を受診して診療を受ける必要がでてきます。

スポンサーリンク

不整脈のなかには期外収縮とよばれる症状があり、これは脈が急に飛んでしまい、脈打つリズムが乱れてしまう現象が発生します。
胸部痛や胸に不快感を感じる症状が起きます。
これは人によって症状の強弱があります。
期外収縮を起こしてしまう原因としては自律神経の異常によって起こる事が多いとされていて、お酒の飲み過ぎや睡眠不足、疲労、ストレス等が誘因となっています。
原因がはっきりしない場合もあります。
期外収縮の症状が酷い場合についても病院を受診して診療を受けながら精密検査を受ける必要があります。
別の病気が原因で期外収縮を起こしている場合もあるからであります。
ちなみに不整脈を起こしてしまう怖い病気については心室細動をはじめ、心房細動、心筋梗塞、狭心症、房室ブロック、脳卒中、心筋弁膜症等があります。

スポンサーリンク