危険な不整脈とは

危険な不整脈とはどんな症状なのか

スポンサーリンク

いつ起きるか分からない不整脈は注意していかなければいけないです。
そもそも、不整脈が起きる原因となっているのは心臓で何かしら異常を起こしている時に発症するため、理由は様々あります。
不整脈の中には危険ではない不整脈と危険な不整脈があります。
危険な不整脈とはどんな症状があると危ないなのかというと、”何もしてないのに目眩や立ちくらみ”が出たり、”急に意識がなくなり失神”したり、”脈拍が1分間に40回以下”になったりする事です。
そして、”体を動かすと強い息切れを感じる”等の症状が頻繁的に起きる場合は注意が必要となります。
そのため、危険な不整脈とは、様々な症状があるという事が分かります。
そういう場合はすぐに病院を受診して診療を受ける必要があります。

スポンサーリンク

病院で不整脈の診療を受ける時は何科にいけばいいのかというと、内科・循環器内科・循環器科の3つとなっています。
そこで、医師に現在起きている症状について話せば、精密検査等をしてくれます。
この精密検査には様々な種類があります。
精密検査で問題が見つかれば治療が開始となります。
また、危険な状況であれば入院する事になり、手術を受ける事になります。
また、危険な不整脈とは主に心室細動、心房細動、心室頻拍、房室ブロック、心筋梗塞、狭心症等の病気を発症してしまう恐れが高まります。
既に病気を発症している恐れもあります。
脈が急に速くなる頻脈や脈が急に遅くなる徐脈、脈が飛ぶ期外収縮が頻繁的に起きている人は注意していく必要があり、症状が酷い場合は病院でしっかり診療を受ける事が重要となります。

スポンサーリンク