不整脈 原因 高齢者

高齢者の不整脈の原因

スポンサーリンク

不整脈は、心臓に負担がかかったり血圧が上がることで、脈が早くなったり遅くなったり途切れたりする状況の総称です。
原因は、ストレス、疲労、疾患によるもの、加齢など様々なものがあります。
高齢者は加齢により身体の機能が低下しているため不整脈が起こりやすくなっています。
さらに、高齢になると他の疾患が原因であることも考えられるため、症状を感じたら放っておくのは危険です。
動悸、息切れ、めまいやふらつきといった症状がでたときはもちろん、自覚症状がなくても健康診断で指摘されたときも注意するようにしましょう。
心臓の疾患が原因である場合も考えられるため、突然死につながる可能性もあります。
受診して原因を明らかにしておきましょう。

スポンサーリンク

原因が明らかになったとしても、高齢ゆえに様々な体の不調がでてきていることが多く、一概に対処は難しいこともあります。
高齢者に多いのは高血圧、心臓疾患によるものです。
高血圧のせいである場合は、食生活の改善が必要です。
もし肥満気味であるならば、肥満の解消も重要です。
体に無理のない範囲で運動も取り入れるようにしましょう。
逆に心臓疾患のせいである場合は、激しい運動は制限する必要があります。
激しい運動が心臓に負担をかけ、不整脈から心臓の発作につながる可能性があるためです。
ウォーキングなどの軽い運動ならば可能なこともありますが、医師に確認するようにしましょう。
不整脈は体からの不調のサインです。
症状を感じたら早めに対処しましょう。

スポンサーリンク