狭心症 症状 チェック

狭心症の症状をチェックすることで

スポンサーリンク

数十年以上にわたり日本における死亡する原因は、変化がありません。
上位を占めている原因の一つに心臓に関することがあげられています。
心臓は、人間の体の中でも重要な臓器の一つです。
人間の体の中では血液内に取り込まれた酸素や栄養分を体の隅々まで運ぶという役割を担っています。
これによりわれわれ人間は、活動することが出来るのです。
その心臓の代表的な病気というのが、心臓自身の栄養を運んでいる「冠動脈」という血管が詰まってしまったりすることで起こる病気です。
この病気には二種類あり、「狭心症」と心筋梗塞です。
それぞれの病気は、発生するメカニズムが同じですので、似たような症状が見られていますがまったく異なる病気であることを理解する必要があります。

スポンサーリンク

狭心症と心筋梗塞は同様の症状を示すことがありますが、大きな違いとしては、細胞の壊死が見られているかどうかです。
狭心症は、冠動脈が何らかの理由により一時的に詰まってしまっています。
しかし、心筋梗塞は詰まってしまうことで詰まった箇所から先の細胞が壊死してしまっているのです。
つまり、狭心症の症状をチェックする際には、胸が痛い、締め付けられる、息苦しいなどの症状がある程度の時間で回復するのです。
一時的に詰まった血管は、時間とともに回復し、その後は何の症状もなくなるのです。
チェックするべき項目は、異常を起こしていた時間がもっとも重要です。
この時間の違いが心筋梗塞との大きな違いになります。
しかし、似たような異常が現れた場合においても数分という短い単位でチェックすることは、予後にも関わりますので直ぐに医療機関を受診することを忘れないようにしなければなりません。

スポンサーリンク

狭心症の症状をチェックすると・・・関連ページ

狭心症の症状は20代で出ることも
背中の痛み等の症状が出る狭心症について