二段脈とは

不整脈の一種である二段脈とは

スポンサーリンク

不整脈には、多くの種類が存在します。
その中のひとつに挙げられるのが「二段脈」です。
二段脈とは、正常な波形の中に乱れの波形が突然起こり、脈が2拍連続で乱れる状態のことであり、脈が正常な状態と乱れている状態とが交互且つ規則的に起こるものを言います。
不整脈は、種類によって危険性が高いものから低いものまで存在します。
二段脈とは危険度がそこまで高くないと言われている不整脈のひとつではあるものの、脈の連続した乱れの回数が増えると、危険度も増加する傾向にあるので注意が必要です。
また、二段脈を発症していても心房性または心室性の期外収縮の症状が顕れないケースがあったり、何かしらの症状があっても、その出現箇所や症状を覚える部分には人によって違いがあります。

スポンサーリンク

二段脈を患った場合、発生頻度が最も高いと言われている症状が「動悸」であり、胸や首などに感じる傾向にあると言います。
二段脈における期外収縮(心臓が異常な刺激の影響を受けて本来の周期よりも早く収縮する不整脈)は、早く弱く発生する傾向にあり、正常な収縮が起こるまでのスパンが通常よりも長くなってしまうため、脈の飛びや乱れを感じると言われています。
期外収縮の発生前には、胸部に不快感を覚えたり、過剰な汗・熱・疲労や脱力感・息切れ・咳などを生じることがあります。
また、期外収縮が頻繁に起こると低血圧を引き起こすため、呼吸困難・胸痛・めまい・失神・皮膚の色が蒼白になるなどの症状がみられるケースもあり、専門医の診察と治療が必要となります。

スポンサーリンク