不整脈 咳が出る

不整脈と咳が出る症状について

スポンサーリンク

不整脈と診断された方の中には咳が出る事を気にされる方が多く見られます。
確かに不整脈が原因で咳が出る事もありますが、基本的に咳はそれほど気にする症状ではないと言えます。
健康な方でも日常生活の中で咳をする場面は多く見られます。
何となく咳払いをしたり、臭い匂いを嗅いだ時などに咳き込む事はよくあります。
咳は一種の生理現象で、体内に入った異物を吐き出そうとする運動になります。
その為、体中に血液を回すため一時的に血圧が上昇する事もあります。
したがって、継続して咳が出ていない場合はほとんど心配する必要はないと言えます。
ただし、継続して咳が出ると言う症状が見られる場合には不整脈が原因の可能性がありますので注意が必要になります。

スポンサーリンク

まず、心臓喘息の場合は咳き込む症状が見られます。
この心臓喘息は、心臓の脈拍が異常に速くなる為に心臓のポンプ機能が低下すると言う病気になります。
心臓のポンプ機能が低下すると肺に血液を送りにくくなり、酸素を取り込む細胞がうっ血を起こします。
そうなると血液が漏れ出し肺水腫を起こし、その結果咳き込む症状が見られるようになります。
また、肺疾患も同様に咳き込む症状が見られます。
こちらは肺に異常があるため、肺に血液を送る心臓に大きな負担がかかります。
なので、心臓を動かす電気系統も異常をきたし不整脈を起こします。
この場合は脈拍が時々不規則になりますので動悸や拍動が大きく感じられるようになり、その拍子に咳き込む事があります。

スポンサーリンク