不整脈 手術 入院期間

不整脈で手術を受けるための入院期間はどのくらいかかるのか

スポンサーリンク

突然起きる不整脈は誰にでも起きる現象であり、殆どの不整脈については危険ではないと言われていますが、何もしてない状況で目眩や立ちくらみ、痙攣、失神、脈拍数低下、息切れ、動悸等の症状が起きる不整脈については病院で診療を受ける必要があります。
病院を受診する場合については内科また循環器内科に行ってそこで精密検査を受ける必要があります。
精密検査には種類が多くあるため、細かい所まで調べる事が可能であります。
心電図や心臓エコー等の検査で異常が見つかる場合が多いという傾向があります。
異常があった場合はすぐに治療が開始されます。
軽度であれば手術を行わなくても大丈夫ですが、重度の場合は入院する事になり、手術を受ける事になります。

スポンサーリンク

手術を受けるための入院期間については3日から1週間の間となっているため比較的に入院期間は短期間となっています。
手術はカテーテルというのを使って高周波メス等を使い問題となっている部位を焼き切る「カテーテルアブレーション」という手術を受ける事になります。
退院後は経過を見ていくため、通院し状況を見ていく事になります。
不整脈を起こす原因の一部にはタバコやお酒、ストレス、生活習慣の乱れ、高血圧等もあるため注意していく必要があります。
不整脈を予防していくにはタバコ吸ったりお酒を飲んだりする人は控えめにしていき、ストレスを溜めないように努力する事も必要です。
そして、規則正しい生活習慣を送っていく事が大切であります。

スポンサーリンク