不整脈 種類 波形

不整脈の種類が示す心電図の波形について

スポンサーリンク

心電図の波形パターンは「基線」と呼ばれる単位で判断します。
正常な心臓の鼓動が示すパターンは、まずP波という心房興奮を示す、陽性方向へのわずかな波の後に、Q波、R波、S波という心室興奮を示す一連のパターンが表われ、最後にT波という、心室興奮の消退を示す緩やかな陽性方向への上昇が見られるというものです。
不整脈を心電図で検査する場合、この通常のパターンを覚えることが必須となりますが、それと同じくらい重要なのが、異常な波形が見られたさいに、それがどの不整脈の種類に該当するのかを見抜くことになります。
心臓の異常な鼓動には、その原因も、発生している箇所もさまざまであり、それぞれに特徴的なパターンが心電図に表われてきます。

スポンサーリンク

不整脈の検査を受ける人の大半は、自覚症状がない場合がほとんどです。
ゆえに、重篤な症状につながるような心電図パターンが見られるかどうかが、検査の目的となります。
脈が一瞬飛んだり消えたりする期外収縮は、心臓の上室で起こるものと、心室で起こるもののふたつがありますが、上室性のものは正常な波形と同じパターンを描き、心室性はものは明らかに異なる波の形が表われます。
心室性の期外収縮のなかでも、正常な脈の一拍置き、あるいは二拍置きに不整脈が出る種類のものがありますが、こうした規則正しいパターンであれば、数が多くても心配のないタイプです。
これに対して、正常な一拍のあいだに複数の不整脈が連続して起こるようなパターンが見られる場合は、心室頻拍や心室細動につながる恐れがあります。

スポンサーリンク