心電図 不整脈 種類

不整脈を見つけるための心電図には種類があります

スポンサーリンク

様々な原因から発生する不整脈はやっかいな病気でもあります。
今から紹介する症状がでる人は危険な場合もあるため、すぐに病院を受診するようにお願いします。
不整脈にも危険な症状があり、何もしてない状態で動悸が突然はじまったり、目眩や立ちくらみをはじめ、息切れ、吐き気、倦怠感、脳貧血、冷や汗、痙攣、脈拍が急激に速くなったり急激に遅くなったり、場合によっては失神してしまう現象が起きる時もあります。
また、脈拍が途中で飛んだりして胸部痛や胸部に不快感を感じたりする症状が頻繁的に起きる人は注意する必要があります。
何故、上記で紹介した症状については別の病気が隠れている場合もあるため病院で精密検査を受ける必要があります。
受診するのは内科また循環器内科となっています。

スポンサーリンク

不整脈の精密検査には種類があり、心電図・ホルター心電図、運動負荷心電図、心臓エコー、胸部レントゲン検査、胸部MRI検査、血液検査等があります。
そのため、精密検査には様々種類がある事が分かります。
精密検査で不整脈が見つかれば治療が開始され、薬等も処方され経過を見ていく事になります。
手術が必要の場合であれば入院する必要があり、3日間から1週間の間の入院期間のうちに手術が行われます。
不整脈を起こさないためにも、規則正しい生活習慣を過ごしていく事も必要であり、ストレスを溜めないようにうまく工夫していき、肥満体質である人はダイエット等をしていく必要があります。
そして飲酒や喫煙をしている人は少し控えめにしていく事も大切であります。

スポンサーリンク