心臓 不整脈 種類

心臓疾患、不整脈の種類

スポンサーリンク

不整脈とは字のごとく脈が不整なことで脈が飛ぶや心臓がドキドキするなどと表されます。
その中にも種類があり、すぐに治療を要するものから経過観察でよいものまで様々です。
メジャーなものに期外収縮があります。
期外収縮とは本来心臓の筋肉を動かす指令を出す洞結節以外のところから発生する興奮のことを言います。
心房から発生する心房期外収縮は健常者にも見られる期外収縮で特に気にする必要はありません。
一方、心室から興奮が発生する心室期外収縮は少し注意が必要です。
心室期外収縮も健常者にも見られますが、連発する場合や2つ以上の心室からの興奮場所がある場合は心室頻拍などの疾患につながるので病院で心電図検査を行い、鑑別する必要があります。
期外収縮は全く自分で感じない方から脈が飛んだことや心臓がドキッとしたと感じる方まで自覚症状は様々です。

スポンサーリンク

他によくみられる不整脈として伝導異常があります。
期外収縮が他の場所から興奮が起こる不整脈なことに対し、伝導異常は興奮が遅れて伝わることにより起こる不整脈です。
主なものに洞房ブロックがあります。
洞結節からの興奮が心房に伝わらず、1回分の脈が飛びます。
次に房室ブロックというものがあり、これは心房の興奮が心室に伝わらないことにより起こります。
1度から3度までありますが、脈が飛ぶものはは2度です。
これも健常者に見られることがあります。
最後に脚ブロックという心室の興奮に時間差があるものがあります。
脈が飛ぶというよりはドキッとした感じを受ける場合がありますが自覚症状がない方もいます。
心臓が痛くなるような症状がある場合は治療をすることもありますが、経過観察になることも多いです。
不整脈の種類は多様で症状も多様なので、検査なしに鑑別することは難しいです。
定期健診以外に自覚症状があれば心電図検査を受けて鑑別が必要です。

スポンサーリンク