不整脈 予防 生活リズム

不整脈を予防していくには生活リズムを規則正しくしていく事も大事

スポンサーリンク

不整脈はいつどこで起きるか分からないため注意が必要となります。
生活リズムが乱れている人も注意する必要があります。
脈と心臓には大きな繋がりがあり、心臓で異常が発生すると脈拍数が急に速くなる頻脈や逆に脈拍数が急に遅くなる徐脈、そして脈が途中で飛んでしまう期外収縮のどれかが起きてしまいます。
殆どの場合は一時的なものであって危険ではないといわれていますが、なかには危険な症状が出てしまっている不整脈もあります。
主にどのような症状がでる場合、危険なのかというと、突然動悸が始まり、目眩やふらつき・息切れ、吐き気、冷や汗、手足のしびれ、胸部痛等があります。
場合によっては失神や痙攣といった症状を起こす時もあります。
そのため、紹介した危険な症状が頻繁的に続く人は病院にいき診療を受ける必要があります。

スポンサーリンク

病院では何科を受診すればいいのかというと、内科や循環器内科が無難であり、そこで精密検査を受ける事が無難であります。
もし異常が見つかればすぐに治療が開始され、緊急性があれば入院となり手術を受ける事になります。
怖い不整脈には心筋梗塞、狭心症、心室細動、心房細動、心室頻拍、房室ブロック等の病気が潜んでいる場合もあります。
また、精密検査で異常がなく精神的ストレスや自律神経の乱れ等からきている不整脈であれば、心療内科また精神科を受診して治療を行う事になります。
ストレスや自律神経の乱れから不整脈を起こす場合もあるからであります。
主に医師との対症療法を中心に治療していく事になり、症状また状況に応じて薬を処方して経過を見ていくことになります。
また医師から予防していくためのノウハウや生活指導を受ける事になります。
予防していくには、規則正しい生活リズムにしていく事やストレスを溜めないように工夫していく事が大事であります。
そして、喫煙や飲酒をしている方もしばらくは控えめにする事も必要となってきます。

スポンサーリンク